不動産査定の情報はここから!

不動産査定の査定金額よりも売値を高くしても売れる?

不動産査定の査定金額よりも売値を高くしても売れる? 不動産査定を受けて出された金額よりも、売値を高くしても不動産は売却できる可能性は十分にあります。
その理由として、不動産査定というのは、家そのものの状態だけで決まるわけではないからです。
もちろん家の状態やメーカー、立地なども考慮されますが、それだけでなく類似した物件の最近の取引事例と比較しても算出されるからだといえます。
近くに同じような広さと築年数の一軒家が近い時期に売りに出された場合、それが相場よりも安く取引されたら、その価格を元に不動産査定が算出されるということが起こります。
実際の家の価値よりも安く取引された事例があっただけで、値段はもう少し高くても売却できた可能性があったと考えられます。
そのため不動産査定の結果を考慮することも大事ですが、売値を高めに設定しても売れる可能性が捨てきれないことになります。
大事な家ですから、安く売却して後悔しないように、最初は高値で出してから様子を見るという方法もあります。

不動産査定の売値相談をする場合のポイントについて

不動産査定の売値相談をする場合のポイントについて 不動産査定の売値相談をする場合にはまず全体的な流れを理解しておくことが大切です。
まず信頼できる不動産会社を選んで査定を依頼をし、訪問日時を決め現地で調査をしてもらったら売却に必要な書類を確認します。
不動産会社によって不動産査定の結果に差があるので、最初に複数の会社を候補に選ぶとよいでしょう。
都合のよい日時を決める際には立ち会いを求められても無理なく応じられる日を選ぶ必要があります。
現地調査では不動産の内外を詳細に調べてもらいますが、対象となる物件についてヒアリングも行われるので正直に応えることが大切です。
調査が終了したら、登記簿謄本や売買契約書など手続きを行う際に必要となる書類を確認してもらいます。
査定や書類の確認を行う際に不明な点があれば遠慮なく質問するとよいでしょう。
信頼できる不動産会社のスタッフはどのような質問にも誠実に答えてくれます。
実際に売却する会社を決める際には、質問をしたときのスタッフの対応も重要なポイントです。

新着情報

◎2020/9/28

査定額よりも価格が上がった例
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 高く」
に関連するツイート
Twitter