成約価格が下がった人の特徴

成約価格が下がった人の特徴

成約価格が下がった人の特徴 不動産査定額では満足のいく価格が提示されたとしても、実際の成約価格はそれよりも大幅に下がるということはあります。その不動産査定額が下がってしまった人の特徴として挙げられるのは、売り出し時を見誤っている方といえます。
そもそもこの査定額が下がるということは不動産ではよくあることで、鍵となるのが12月から2月の繁忙期にあります。なぜ提示されている価格と成約時で下がったのかというと、繁忙期ではなく閑散期に自宅を売りに出してしまったのが原因に挙げられます。不動産業界における閑散期とは5月から9月の4か月間で、この時期に売り出し依頼を得た場合は繁忙期の約2倍以上のセールスをおこなう必要があります。このセールス費用は売却費用から捻出されるので、必然的に価格が大きく下がってしまうということです。不動産査定額と同じか成約価格をさらにアップさせたい場合は、1月に売却契約を結べば不動産会社にとってもセールスの負担を強いらなくてすむので高値で手放せます。

慎重な業者選びが重要

慎重な業者選びが重要 不動産査定は業者によって大きな差が出ることがありますので、高く売るには実際の査定額を出してもらうことが大切です。提示された価格がもっとも高い業者を選ぶことで、希望の価格に近付きます。必ず差が出るため、いくつかの業者に声をかけて比較をすることも忘れてはいけません。一社だけに査定を依頼すると、提示された価格が適正なのかが分かりませんし、もっと高い価格で買い取ってもらえるチャンスを逃してしまいます。不動産売却においては、複数から査定をしてもらうのは基本ですし、その時の対応によって気持ちの良い取引ができそうかも把握できます。
高く売りたいことを最初に伝えて売却を持ちかけると、その業者の規定に則った査定の中でも少しだけ色を付けてくれることがありますので、これから不動産査定を依頼する人は最初に伝えておくのも良い方法です。誰でも高く売りたいと考えるのだから伝えなくても構わないだろうと考える人もいますが、不動産取引では価格よりもスピードを重視するケースがあります。

新着情報

◎2021/3/1

エリアの需要に影響される
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

成約価格が下がった人の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

査定額よりも価格が上がった例
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 成約」
に関連するツイート
Twitter